Latest Posts

予防策

「カンジダ」に発症してしまった風俗嬢というのは、お客様に感染させてしまう危険性がかなり大きいですので出勤をNGとされてしまいます。そうなってしまえば、お給料はゼロになるのです。高収入を目的としてせっかく風俗嬢になったにも関わらず、収入がゼロになってしまえば何の意味もありません。
ですので、そうならないためにもしっかりとした予防策も考えなければならないのです。

まず、体調不良、疲労蓄積、ストレスなど免疫力をダウンさせないということが前提にあり、特に生理前のホルモンのバランスを崩しやすいときは注意が必要で、生理の時に無理して稼がず可能な限り休むということが大事になってくるのです。それと、可能性は低いですが男性客から感染することもあり、その場合は包茎のお客様に注意が必要になるのです。
「カンジダ」に感染している男性器の特徴は、「男性器が赤く腫れている」、「包皮に白いカスが付いている」、「かゆみがあるので頻繁に男性器をかく素振りをする」、といったことが挙げられます。接客するお客様にこういった特徴がる場合は、すぐにお店のスタッフへ連絡してサービスを中止する必要があるのです。

次に、「カンジダ菌」はカビになりますので、湿気のある場所やじめじめした場所を好む性質があります。
「お風呂上がりにはしっかりと性器を拭いて水気が残らないようにちゃんと乾かす」、「普段身に付ける下着はできるだけ通気性の良いもの選ぶ」、「腰から下の洋服はなるべくぴったりしたものを選ばない」、といった対策をして、できるだけ女性器を乾燥させた状態にすることが予防策でもあるのです。

普段着ている洋服と下着を常に清潔にするようにも心がけなければなりません。
たまにいるのですが、冬だから汗をかかないと思って2日~3日くらい同じ洋服と下着で過ごす女性がいます。これは絶対によくありませんし、洋服や下着だけでなく生理用品やパンティライナーなどもマメに交換する様にしなければならないのです。

後、トイレの後に拭く時は「前から後ろに拭く」というのが基本になり、後側から前側に向かって拭くのはよくないとされています。膣内の「カンジダ菌」が尿道からクリトリスへと付着してしまいますので、ちゃんと前側から後側に向かって拭かなければならないのです。
とはいえ、結局のところ「カンジダ」は免疫力が弱くなっている女性に多く発症する病気ですので、免疫力を高めてそれを維持することができれば発症を防ぐことができるのです。
疲れたら休むというのが一番の予防策になるのかもしれません。
また、そもそもとして性病対策に力を入れている風俗店を選んで勤めることも大事です。

関連リンク〔徹底した性病対策を行っている風俗店 – 汝々艶十三店

風俗のお仕事をしている限り、性病の可能性はなくせません。自分自身での予防はもちろん必要ですが、店舗の方針として定期的な性病検査を行っていれば、より安心して働くことができます。
性病のリスクが抑えられれば収入を安定させることができるので、働く環境についても見直してみましょう。

完治まで仕事できない

風俗のお仕事というのは、基本的に完全歩合制の給料形態になっていますので、出勤ができなければその日のお給料はゼロということになります。そのため、風俗嬢は病気に関してはとても敏感になってもいるのです。
その病気の中に、「カンジダ」という女性が多くなりやすい病気が存在してきます。

この「カンジダ」なのですが、実のところお客様から感染されるというのが極めて低い病気でもあるのです。むしろ、風俗嬢が「カンジダ」を発症していればお客様に感染する確立が高くなり、そうなってしまえばクレームの原因ともなるためお店側からお店を休むように命じられてしまうのです。
そうなってしまえば、上記でも述べたように一銭も稼げなくなってしまうということになるのです。

そこで、「カンジダ」の完治するまでの期間も気になるところだと思われます。
まず、ちゃんと病院へ行き適切な治療を行った場合、一番最初に「膣カンジダ」に感染した場合なら完治までは大体2週間ぐらいが目安になります。しかし、再発してしまった場合は少し完治まで長引くケースが多く、その場合は2週間~1ヶ月くらいが目安になってくるのです。
「膣カンジダ」自体は、病院へ行ってきちんと治療すればまた元に戻りますが、治療期間中は一切のお仕事ができません。ですので、2週間~1ヶ月ぐらいは全くお給料がないと思っておいたほうがいいでしょう。

それと、誰かとタオルを共用している人はとても少ないと思いますが、共用タオルでも感染するので注意が必要となってきます。
性感染症の原因になる菌というのは、湿ったりジメジメした所が大好きであります。使い終わったタオルがまさにそれになりますので、タオルは必ず自分専用のものを用意して使ったほうが無難になるといえます。

それだけ「カンジダ」という病気は厄介なものですので、とりあえず発症してしまったらすぐに専門の医師の診察を受けるようにしなければなりません。
近くの産婦人科かレディースクリニックで診療していますので、ちゃんと保険証を持っていけば初診料3000円ほどでしっかりと診察と治療してくれます。風邪の前兆があるのに、放置してしまうような女性ほど注意が必要です。

「膣カンジダ」というのは再発率が高いですので、悪化すると慢性化してしまい頻繁に悩まされることになってしまいます。もちろん、症状が軽くても感染していることには変わりありません。
その状態で接客して、もしお客様に伝染ってしまえばクレームになるだけでなく、最悪掲示板なんかにも書かれてしまうかもしれないですので、ここはひとまず慎重になって考えなければならないのです。

カンジダとは

風俗嬢のお仕事というのは、男性に性的サービスを提供するお仕事となります。ですので、男性客とは基本的には裸の関係ともなり、性器と性器が触れ合うこともあったりするものです。
そこで、一番気をつけなければならないのが性病の感染になってきます。

その中でも一番多い病気とされているのが、「カンジダ」という病気になります。これに関しては風俗嬢だけでなく、女性全般にも多いとされているのが「カンジダ」であり、正確には「膣カンジダ」と呼ばれるのです。
普通の生活をしているだけでも感染する可能性のある「カンジダ」は、症状が出てしまうとある程度の日数お仕事をお休みしなければなりません。その間収入はゼロですので、生活に大打撃を与えてしまいますから、そうならない為の予防対策というのだけはしっかりと行わなければならないのです。
そもそも、「カンジダ」とはカビ菌の一種になってきます。ですが、「カンジダ」は膣にカビが生えることなのかと気持ち悪いと思う必要はありません。そもそも、健康な人間の体内にはどこにでも存在しているものなのです。

通常、人間の体内には様々な菌が生息していて、これは健康に生きていくためには必要なものでもあるのです。そこで、風邪を引いたりした時などに体の免疫力は低下してしまい、免疫力が低下することによって様々な病気に感染するリスクが上がります。
普段何の悪さもしない「カンジダ菌」が、体のバランスが崩れてしまったことで増殖しすぎてしまい発症するのが「カンジダ」なのです。これは女性特有の病気で、女性の約20パーセント以上が発症経験があるといわれているほど、実はとても身近な病気でもあるのです。
「膣カンジダ症」の具体的な症状なのですが、「かゆみ」、「白く粘り気の強いオリモノ」、「炎症」、「発疹」、「腫れ」など「膣カンジダ症」が発症するとこういった症状が出てしまいます。また、一度発症すると再発率が高い病気ともいわれているのです。

そこで、「カンジダ」は他の人に感染するのか、それと他人から伝染されるのか、というあたりが気になるところだと思われます。実は、お客様から風俗嬢へ伝染るという例は少なく、もちろんゼロではありませんが可能性としては低いとされているのです。
逆に、風俗嬢からお客様へ伝染るという事例が多い病気でもあるのです。
「カンジダ」が完治していないにも関わらずお仕事をしたら、高い確率でお客様に伝染してしまいますのでクリームの原因ともなります。そのため、「カンジダ」に感染した風俗嬢は、風俗店側のほうで完治するまで長期休養をお願いされることがほとんどなのです。
そうなればこの間は一切のお仕事はできませんし、完全歩合制の風俗のお仕事ということはその間一銭も稼ぐことができないのです。